キャバクラ 接客方法

キャバクラでの接客の仕方

キャバクラに、興味ある方は、多いと思います。そこで、キャバクラの接客方法について話していきます。

 

キャバクラは、体験入店で知ろう!

キャバクラには、興味があるものの右も左も分からない方が多いと思います。
そこで、オススメなのが、体験入店です。
体験入店は、夜のお仕事の求人情報サイトなどを調べると、お店側から提案される事が多いようです。

 

面接で必要なものは?

面接と体験入店を同時に行う店が多いですが、面接で必要なものは、写真付き身分証明書です。
また、履歴書が必要な場合もありますが、大抵はお店側からのチェックシートに記入をします。
他には、化粧ポーチや財布、メモノート、ハンドバッグ、ハンカチ、ペンなどがあると良いかと思います。

 

体験入店で、知れる事は?

・ライターの付け方
禁煙者が多い中、未だにキャバクラでは、タバコを吸う方も少なからずいます。
近年のライターは、硬く火がつけにくいのもあり、ライターの付け方を教えてくれる事が多いようです。
それと同時に、灰皿の取替え方を教えるお店が多いようです。

 

・おしぼりの渡し方
おトイレなど行かれた際必要なのが、おしぼりです。
おしぼりの渡し方や、おしぼりの畳み方などは大事なので、おしぼりの渡し方も指導されます。

 

・グラスの注ぎ方
グラスの注ぎ方や、氷の入れ方、グラスの拭き方を最初に教えるお店が多いようです。
キャバクラは、お酒を楽しむ場であり、グラス関連は、基本中の基本と言えます。

 

・話し方
話し方などは、人それぞれ違いますが、どのように、相槌をうつか、共感をするかは重要となります。
「話し方は難しい」と思うかもしれませんが、最初は、ナンバーのついたキャバ嬢に指導を受けるので、その方の対応方法を参考にすると良いかと思います。

 

まとめ

キャバクラの接客方法を悩む方は、多いと思いますが、最近では接客マニュアルを用意したお店も多いようです。
最初は、ぎこちないかもしれませんが、誠心誠意頑張れば、顧客は確保できると思います。