キャバクラで客に電話番号を教えて他のキャバ嬢とトラブルになった話!

キャバ嬢同士のトラブル体験談

キャバクラ嬢になって、接客を頑張っていても、トラブルになるのが、電話番号のトラブルです。
そこで、キャバクラで客に電話番号を教えて他のキャバ嬢とトラブルになった話をしたいと思います。

 

キャバ嬢は、専用の携帯電話を持っている?
キャバ嬢の接客の際に使っている携帯電話は、お店で支給されていたり、自分で、プライベートとは別契約をして所持をしています。
それは、プライベートと分けたいキャバ嬢が多いのもありますが、源氏名を使っているのもあり、プライバシーの問題もあります。

 

キャバ嬢から電話番号を教えてもらうのはあり?
キャバ嬢から、接客を受ける際に名刺を貰います。その際に、電話番号を明記するキャバ嬢が多いようです。
しかし、電話番号を後から手書きで書く女の子もいます。
それは、何故なのでしょうか。

 

後から、電話番号を書くカラクリは?
後から、電話番号を書くのは、キャバクラの裏事情があるからです。
キャバクラは、その店で1人しか指名ができません。

 

お客さんは、お気に入りの女の子を見つけるために必死ですし、キャバ嬢も顧客確保の為に、必死なわけです。
そういう私も自分の番号を教えたせいで、他のキャバ嬢から「自分の客を取られた」と怒られた事があります。

 

それは、その女の子のお客さんが、指名をもらっているお客さんで、トラブルになりました。
つまり、指名客の場合は、新たに女の子の電話番号をチェックするには、その指名しているキャバ嬢が退店するか、お店に事情を話して指名替えをする必要があります。

 

無闇に電話番号を教えないのが吉!
近年では、指名客以外に電話番号を教えては、いけないキャバクラも増えています。
キャバクラに関する事件もありますから、お客さんとお店の女の子のトラブルを避けたいのが、お店側としてはあるようです。

 

また、ラインなどの連絡ツールの発展により、電話番号より、ラインなどの連絡ツールを利用する方もいます。
むやみやたらに電話番号を教えないのが、吉と言えます。