キャバクラ キャッチ

キャバクラのキャッチのボーイについて

水商売や風俗やホストクラブなど、夜の世界において、よくキャッチをしている男性を見かけますが、大丈夫なのか調べてみました。

 

キャッチに捕まるのは、危険?

実は、今日において、キャッチや待ち伏せなどで、顧客確保するのは、市町村や都道府県の条例で禁止されていることが多いのです。

 

地域のパトロールなどで、違反者がいないかチェックしていますから、昔に比べてキャッチは少なくなってきました。

 

決められている地区がある?

しかし、条例で決められていない場合は、法違反ではないので、キャッチをしている事がしばしばあります。
しかし、そのキャッチをしているお店は、風営法などを守っていないお店も多く、ボッタクリ店の場合も多いのです。

 

キャッチがしつこい場合は?

キャッチがしつこい場合は、相手にしないのが1番ですが、道を防いだりしてきた場合などは、警察などに対処して貰うのが良いかと思います。

 

また、キャッチをしてそうな場所に近寄らないのも対処の1つと言えます。

 

キャッチ以外にお店を知るためには?

近年では、キャッチ以外の情報の他に、口コミサイトが充実しています。
なので、キャッチなどより口コミサイトを参考にする人も増えています。

 

しかし、この口コミサイトも悪用して良い書き込みばかりする業者もいて、悪質と言えます。
口コミサイトも鵜呑みにせず、自分で目利きする必要があると言えます。

 

安全なキャバクラの場合は?

安全なキャバクラの場合は、キャッチを使っていない事が多いようです。
何故なら、条例などで取り締まりが強化されているのに、わざわざ危険を犯してまでキャッチを使わなくても、顧客確保が出来るからです。

 

安全なキャバクラの場合、飲食業の届けや、風営法の届けを分かりやすく受付などに掲げています。
また、安全なキャバクラの場合、老舗や全国展開していることも少なくありません。

 

結論

キャッチなどは、ついて行って良い話はありません。付いて行かない事に越したことはありません。